沖縄は王朝があった為、多くの伝統工芸や伝統文化の宝庫だ。ただ、残念なことに
今は王様いなくて、工芸品の需要が、、、、民芸は焼き物だったり、琉球ガラスだったり、やはり、生活に取り入れやすいのは需要も多いみたい。
伝統工芸って、本来、物ではなく、その技術のクオリティーの高さで、そのクオリティーで、生み出した職人の技をうんと、海外に広めていけば、思いがけない所から思いがけない作品の依頼があるといいなぁ。と願う私である。
そんなわけで、紅型を布ではなくキャンパスに表現したらきっとモダンアートのようで面白いかなと、我がパートナーにトライしてもらう。
ものすごく面白くなった。自由な気持ち大事ですね。

絵 仲村渠武信