昨日の真夏日から、今日はすこし肌寒い1日になりました。

しばらく、咲いていたボケの花も、いつしか緑の葉の分量が多くなり、ねこの手触りのような猫柳も、心なしか、しな垂れているようです。

お花を飾る時、心がけるのは、頑張った感を出さないようにすることだけです。

でも、もっと大事なことは、楽しんで取り組むことかもしれません。

そういえば、以前、「何の応援も、できませんが、楽しんで見守ります」と言われた時、凄く上手くいきそうな気持ちになったの思い出しました。

そろそろ、ボケのお花ともお別れが、近ずいております。