日常の暮らしの中で5分でも10分でも、自分を立ち止まらせる時間を取り入れたいと思っている。
お掃除やお洗濯、買い物に、食事の用意。もちろんお仕事も。

意外にやる事は多く、一区切りつけぬまま、次の用事に取り掛かり気持ちがぐったりする事が多い。
ある時、一つのことが済んだら、とりあえず、何もせず、自分の気持ちを静かに観ることにした。
そうすると、予定を立てている出来事は本当に必要なことでもなく、
今声を聞きたい人に電話を入れたり、逢いたい人とお茶する時間だったりすることに気がついた。

できる限り自分の気持ちに忠実に行動することで疲れにくくなってきた。
予定を立てることは大事だけど、気持ちの組み立ては、もっと大事かもしれない。
今日1日ご機嫌な自分でいるための5分が、幸せな365日を作りだす。

絵 仲村渠竹寅