連日、全国的に「危険を伴う暑さ」とテレビでの呼びかけ。
どうしたんだろう。
今まで「危険を伴う」という表現は、あまりされなかったように思います。
それにしても沖縄の方が猛暑日になっていないんですよね。

うちは海が近いせいか夕方は時折、風が家の中に入ってきてくれる。ほんの少し潮風の匂いとともに。
朝、昼、晩と、時間の経過を家の中で、感じることができます。

こうして時間は過ぎて行き、気がつくと季節の変化をひょんなことで感じるんですよね。

お茶を淹れる温度は同じなのに、それを飲む私の身体はきちんと季節を感じてるんですね。
氷を入れた冷水でじっくり落とした緑茶は、暑い日のおもてなしには喜んでいただける。

朝のお掃除を終えた後、1人ゆっくり一服するお茶は、熱いそば茶や玄米茶。
それか、生のミントを沢山入れた紅茶。

熱いんですけどゆっくり飲むことで、今日1日のスケジュールを立てるのにはよい時間をすごせます。
本日は、浦添美術館での「北斎展」で購入した本がお茶のお供です。

それにしても、いやはや、凄いぜ。北斎。